福井県

  1. 漬物ガイド
  2. >
  3. 漬物一覧
  4. > 福井県

福井県の漬け物一覧

三国ラッキョウ

福井県三国産のラッキョウを酢漬けにしたもの。
見た目は普通のラッキョウと同じである。
でも頭に何かつくと特別な感じがしてそそりますね。

まんじゅう漬け

小さめの瓜の中にシソを詰めて味噌漬けにしたもの。
伝統的な作り方では、各家庭の自家製みそに三年間も漬けて作られていた模様。

小鯛の笹漬け

福井県小浜の名産品で小鯛を開いて塩を振り酢に漬けたもの。
開いた鯛を酢に漬ける際に、上に笹の葉を乗せて封をすることから笹漬けと呼ばれている。
ワサビ醤油で食べたり、寿司、酢の物、お吸い物にして食べる。

花らっきょう漬け

収穫の際、根と茎の両端を切ることをこの地方の方言で「はなを切る」と呼ぶため、花ラッキョウという名前がついたと言われている。
福井県にも砂丘があり、その地域で防砂の目的で栽培され始めたのが始まりである。
収穫した物を塩で粗漬けした後、甘酢につけて本漬けにする。