北海道

  1. 漬物ガイド
  2. >
  3. 漬物一覧
  4. > 北海道

北海道の漬け物一覧

北海道は海産物豊富なお国柄、松前漬けやはさみ漬けなどに見られるように、魚を活用した漬け物が多く見られます。またメロンやアスパラガスなど北海道ならではのユニークな漬け物があるのも面白いところです。

サケのコウジ漬け

北海道特産のサケを麹でつけたもの。
麹にはタンパク質を分解する効果があり、普通の塩鮭よりまろやかな味わいが楽しめる。
家庭でも作ることができるので、普通のサケを焼くのに飽きた場合は試してみるとよいかもしれない。

ニシンのぬか漬け

ニシン漬けとは違って、生のニシンを使った漬物。
生のニシンをぬか床に漬けたもので、かなり塩味が強い。

ニシン漬け

北海道の名物料理の一つで、ニシンを塩と麹で漬けたもの。
ニシンは保存用に加工された身欠きニシンを用いる。

ニシンだけでなく、大根やニンジン、キャベツも一緒に漬け、風味付けに赤唐辛子やニンニク、ショウガなども合わせる。
時期的には秋ごろに漬け始め、冬が食べごろになる。

イカの酒粕漬け

北海道の名産の一つで、豊富な海産物に恵まれる北海道ならではの漬物のひとつ。
イカの胴に足を詰めて酒粕に漬けるが、ニンジンやキャベツなど野菜を一緒につめる場合もある。
酒粕には焼酎を加えるため、旨味が豊富で風味豊かな漬物になる。

赤カブの千枚漬け

赤カブの薄い輪切りとコンブを塩+酢+砂糖で漬けた塩漬け漬物。
北海道産のコンブは松前コンブとも呼ばれ、函館名産の赤カブとあわせてよく知られている。京都の千枚漬けのように赤カブの輪切りとコンブを重ね、コンブを大量に使うのが特徴的。

アスパラガスの粕漬け

北海道は日本全国に先駆けてアメリカからアスパラガスの栽培が伝わった歴史があり、現在においてアスパラガスの名産地としての土台がそこにある。アスパラガスにはホワイトとグリーンがあるが、漬物に使用するのはグリーンアスパラガスが主流。アスパラガスを湯通しした後、焼酎・砂糖・塩などで味を調えた酒粕に漬ける。

メロコンコン漬かつを味

北海道共和町特産の発足(はったり)メロンを漬け物にしたもの。
メロン、ダイコン、コンブを使ったことから「メロコンコン」というネーミングが付いたユニークな漬け物です。
収穫前に間引きするメロンを漬け物にしており、静岡のメロン漬けと活用方法がにています。

はさみ漬け

北海道で取れるサケやカニなどの海産物を、白菜やダイコンで挟んで漬けたもの。
食材が重なり合った切り口がサンドイッチのようで食欲をそそる。
主に酒の肴に似合う一品。

松前漬け

北海道の名産品で、スルメやコンブ、数の子など、地域の豊富な海産物を醤油に付けた保存漬けの一つ。
コンブは乾燥させ、イカはスルメにし日持ちのする加工を行ってから漬けるため保存機能が高い。
江戸時代まで松前が北海道の中心都市であったため「松前漬け」という名が定着した。