石川県

  1. 漬物ガイド
  2. >
  3. 漬物一覧
  4. > 石川県

石川県の漬け物一覧

フグの卵巣ぬか漬け

フグの卵巣をぬか漬けにしたもので、金沢の伝統食品の一つ。
卵巣は猛毒が含まれることで知られているが、長期間、塩や糠に漬けることで中和させる。
常々思うが、こういったものを食べられるように知恵を絞る姿勢に頭が下がる。

ダイコン寿司

カブラ寿司はカブやダイコンで、ブリやニシンを挟み麹で漬けるものだが、特にダイコンを使用する場合に「ダイコン寿司」と呼ばれることが多い。

サザエのコウジ漬け

麹の独特の甘みがつき味わい深く食べやすくなる。
能登の伝統的な保存食で、海の幸に恵まれた石川県あっての一品。

ぬか漬けイワシ

塩漬けにしたイワシをぬか・麹・赤唐辛子などに漬けたもの。
通称「こぬかいわし」と呼ばれ、焼くと香ばしい香りがする。

カブラ漬け

日本海で取れる新鮮なブリとカブを麹で漬けたもので、金沢伝統の名産品。
藩政時代に民衆は厳しく取り締まられており、その不満のはけ口として高級魚のブリを漬け物にしたのが始まりとされている。
現代では正月の挨拶回りに用いられる品として重宝されており、ブリの旨味と麹の甘さ、カブのコリコリとした食感が見事に調和した一品となっている。いわゆる昔の寿司で「なれ鮨」の一種。