岩手県

  1. 漬物ガイド
  2. >
  3. 漬物一覧
  4. > 岩手県

岩手県の漬け物一覧

紅葉漬け

江戸時代から作られている伝統的な保存食で、紅葉の季節のシャケ、出来上がりの鮮やかな色彩から紅葉漬けと呼ばれている。
サケ単体の漬け物は他の地域でも見られるが、イクラも一緒に漬け込んでいる所に紅葉漬けの特徴が見られる。
酒の魚はもちろん熱々のご飯にのせても美味しい一品。

芭蕉菜漬け

東北地方で栽培されている伝統的な野菜の一つである「芭蕉菜」を塩で漬けたもの。
漬ける際にウコンなどを入れる。
浅漬けは色が鮮やかで、保存漬けになると色はくすむが、味わい深くなる。

呑んべえ漬け

地元産のキュウリを醤油や味噌に漬け込んだ、ピリッと辛い漬け物。
酒の肴にピッタリな味わいから「呑んべえ」という名前がついたと推測される。
ピリ辛キュウリが好きな方にはぜひ試していただきたい郷土特産品。

ナスの三升漬け

ご飯・麹・塩をそれぞれ一升使って漬け床を漬けることから「三升漬け」と呼ばれている。日干ししたナスを漬け床に交互に重ねていく。

ナスと菊花のはさみ漬け

ナスを輪切りにして菊花と一緒に塩、麹で漬けたもので、菊とナスの彩りがキレイな漬け物。

啄木漬け

岩手と言えば石川啄木が有名だが、それにちなんだ漬け物がこちらである。
インターネットでの取り扱いがあまり無いので、画像では紹介できないが、ご飯に合う素朴な味わいと言う情報もあり。

民話漬け「青なんばん」

青唐辛子をそのまま調味液に漬け込んだ漬け物。
漬け物の名前は「青なんばん」と呼ばれており、それを作っているお店が「遠野民話漬」と呼ばれている模様。
唐辛子の風味が効いているので、料理の材料としても使用される。

わさび漬け(たっそべ漬け)

岩手遠野は東北有数のワサビの産地で、ワサビを使った漬け物が盛んである。
一般的なワサビ漬けから、味噌や松前漬けと合わせたものが主流であるが、葉っぱを丸ごと一枚醤油で漬け込んだ「たっそべ漬け」が最も特徴的な漬け物であるように感じる。
こういったものはインパクトがありお土産として華がある。

こうじ南蛮漬け(青なんばん)

唐辛子を麹で漬けた漬け物。
モロミで漬けたものに、「民話漬け青なんばん」がある。
唐辛子の風味を生かした漬け物なので、そのままでも、料理の材料として利用しても良し。

ほろほろ漬け

三升漬けと呼ばれる伝統的な手法に、モロミを加えて漬け込んだ辛さ際立つ漬け物。
「弁慶のホロホロ漬け」と呼ばれ、弁慶もホロホロと涙を流すほど辛いと言われている。
辛党の肩はぜひチャレンジしてみては?

岩手沢庵漬け

岩手のタクアン、、、でもそれより「たくあんパン」なるものが気になる所だ。
普通のアンパンに、そのアンの中に刻んだタクアンが入っているとのこと。
パリポリしながら食べるアンパンなんて斬新で面白い。

金婚漬け

岩手の名産として有名な漬け物で、ウリの種部分をくり抜いて野菜を詰めて味噌漬けにしたもの。漬ける期間が長いほど味がよくなる、なまこを干した「きんこ」に似ているといったところから名付けられたと言われている。ウリと中に詰める野菜を別々に塩漬けにしてから、コンブを巻いてウリに詰め、シソの実を入れた味噌に一年以上漬けると出来上がる。味は塩辛いが保存食として100年以上の歴史を持っている。