神奈川県

  1. 漬物ガイド
  2. >
  3. 漬物一覧
  4. > 神奈川県

神奈川県の漬け物一覧

小田原梅干し

神奈川県小田原は梅の名所としても有名で、古くは戦国時代に北条早雲が城内などに植えたことが始まりとされている。
梅の花を楽しむというより、当時は梅干しを兵糧の一つとして重宝され、それが現代の梅干しに繋がっている。小田原産の梅は肉厚で皮も柔らかく種も小さいので、梅干し手は最適なものの一つ。梅干しのシソを巻いた「シソ巻き梅干し」というのもある。

小田原桜の花漬け

小田原の名産品で、七分咲きの八重桜の花を塩と白梅酢で漬けたもの。
花が多く香りも高い八重桜は塩漬けに最適とされており、八重桜が多く咲く小田原は必然的に花漬けの名産地となった。直接食べるよりは、おめでたい時に桜湯として飲まれるようである。

ゴボウの塩辛漬け

海産物も豊かな神奈川には、ゴボウの千切りをイカの塩辛でつけた塩辛漬けというものがある。
ゴボウの食感や香りが生き、塩辛の旨味も染み込んだ一品。

大井町ひょうたん漬け

神奈川県大井町がひょうたんによる町おこしの為に開発した漬け物。
小振りなひょうたんを柴漬けにした、姿形も可愛らしい一品。
料理に添えても映え、単体で頂いても満足感がありそうだ。