京都府

  1. 漬物ガイド
  2. >
  3. 漬物一覧
  4. > 京都府

京都府の漬け物一覧

桜の花漬け

七分咲きの八重桜を一輪筒ずつ塩漬けにしたもの。
保存力が強く何年も保存可能。
桜湯にしたり吸い物に入れたり色と香りを楽しむ。
神奈川県小田原にも桜の花漬けがあるが、そちらは酢漬けにしたもの。

山椒のみそ漬け

京都は福知山の名産品で、山椒の実を丹波みそに漬け込んだもの。
山椒の実は収穫時期が重要で、良い実を得るには二、三日のタイミングが命とされている。

壬生菜漬け

京都名産の水菜の一種である壬生菜を塩漬けにしたもの。
京菜とは少し違った味わいが楽しめる。

菜の花漬け

菜の花のツボミを塩漬けにした風雅な京都ならではの漬け物。
起源は不明だが、農家が菜種油を取る際の副産物と推測される。
菜の花の他に水菜や小松菜、白菜などのツボミを代用する場合もあるが、菜の花に比べると苦味が強くなる。

千枚漬け

京野菜で知られる聖護院カブを薄く輪切りにして塩漬けしたもの。
昆布とともに漬けるため特有のぬめりがある。江戸時代末に作られたとされている。千枚漬け本来の付け方は発酵させるものだが、即席の酢漬けのものもある。

すぐき漬け

京都特産のスグキナというカブの一種を塩漬けにし、乳酸発酵させたもの。
酸味があり香り高い漬け物。京都の漬け物の中でも最もふるいものとされている。
長野のすんき漬けも乳酸発酵を利用した漬け物である。

しば漬け

ナス、キュウリ、ミョウガなどを赤ジソの葉と共に粗切りにして塩漬けにしたもの。
歴史は古く平安時代にさかのぼり、平家滅亡の折、建礼門院が隠棲したとき、近隣の住民が紫蘇漬けを献上したのが始まりとされている。
紫蘇が省略されて「紫漬け」となった。