三重県

  1. 漬物ガイド
  2. >
  3. 漬物一覧
  4. > 三重県

三重県の漬け物一覧

日野菜の酢漬け(さくら漬け)

三重県の郷土料理の一つで日野菜を合わせ酢に漬けたもの。
即席漬けとしてすぐにでも食べることができるが、二週間程度漬けた方が味がなじみ良くなる。別名「さくら漬け」。

真珠漬け

真珠の養殖に用いられるアコヤガイの貝柱を酒粕に漬けたもの。
真珠を取り出した後の貝を再利用することを思いつき、比較的最近考案された新しい漬け物。

アワビの粕漬け

アワビを酒粕に漬けたもので三重県、岩手県のものが有名。
蒸したアワビを殻から外し、みりん・塩・酒などで味を整えた酒粕に漬ける。
酒の味が程よく染み込み、酒の肴に喜ばれる。

伊勢たくあん

伊勢名物のお土産として人気のたくあんである。
地元では「こうこ」と言う名でも呼ばれるブランド沢庵だ。
原料には三重の伝統野菜「御薗大根」を使用している。

養肝漬け

三重県伊賀上野の名物で、ウリの中に色んな野菜を詰め込んで味噌漬けにしたもの。形や作り方は岩手の金婚漬けに似ている。
戦国時代、藤堂高虎が兵糧として作り出したものとされている。
出来上がるとベッコウ色に輝き、それを輪切りにして食べる。